いただいたセッションの感想やお便りなど

2009/03/23 トーンサラウンドセラピースクール修了レポートです☆
私がこのスクールを受講しようと思ったのは、「トーンサラウンドセラピー」という言葉から受ける響きが、とても良い感じがしたからでした。良いエネルギーを出していると直感で思ったのだと思います。


そしてスクールの最初に教えていただいたのは、「存在するすべてのものは固有の振動を有している」ということでした。それならば、私自身にもその日の状態によって変わる振動があり、それが私という人間の印象にも繋がっていることを知り、またその振動を整えるトーンサラウンドセラピーの手法に信頼を新たにしました。


音についての知識をセラピーを行う基礎として教わる一方で、ハートを開いてお互いにジャッジせずに話をする個人セラピーも同時進行していきます。


当時は自分が何をしているのかわかりませんでしたが、今振り返ると、感情の浄化の素地を整えてくださっていたのだと思いました。


なぜセラピストが感情を浄化しておくことが大切かということについても、史衣さんは繰り返しお話くださいました。セラピスト自身が十分に味わって癒すことができた感情の分、セラピストのハートのスペースが広くなり、同じ感情をみつめるクライアントさんに対して「大丈夫。」と言って見守ることができる信頼に繋がることを教えてくださいます。


同じようなことを以前「ハトホルの書」の本の一節で読みました。
「ヒーラーである人は、癒されたいと扉をたたく人々の訪れが、どれも偶然でないことを理解すべきです。ヒーラーが自分に引き寄せるクライアントは、往々にしてヒーラー自身の心理的・霊的問題の反映であることが多いからです。したがってヒーリングを行い、より高次のエネルギーの通り道となるというプロセスにおいては、ヒーラー自身もまた学びの徒なのです。もしヒーラーみずからが謙虚
で、自分の「進化途上のプロセス」の反映であるクライアントに対して寛大かつ率直であれば、そのようなヒーラーは自己認識や思いやりにおいてさらなる成長を遂げるでしょう。」


セラピストとして望ましいのは、開業する前にできる限り沢山の感情を味わって浄化し、自分を癒しておくことと理解しました。セラピストが引き寄せるクライアントは、セラピスト自身の人生で解決を予定している問題を反映しているのですから。


そう考えると、日々出てくる怒りや悲しみ、うまくいかない焦りなども、自己の癒しの過程で必要なことが必要があって出てきていると思うようになり
ました。


史衣さんのセッションルームは光が降り注ぎ、安心感のある場所でした。私自身がバランスが取りにくく、多くの癒しを必要としている生徒であり、「転んだ自分も受け入れて愛する」というテーマが私にとっての壁であり試練でした。


史衣さんとスクールの卒業生の方々は、スクールの最中も転び続けている私をジャッジすることなく、未来の可能性を信じる方向を教えてくださいました。その環境で、光を選択して自分自身を信じることを、少しずつ少しずつ積み上げていけたように感じています。


みなさんの愛とトーンサラウンドセラピーと宇宙の源と繋がれるという事実は、何よりの私の癒しとなり、今私は自己信頼と自己愛を感じるプロセスの中にいます。これからも浄化するために未浄化な感情は浮上すると思いますが、ジャッジせずに癒していきたいです。


音のエネルギー・波動を整える速さには驚きました。具体的な技術を教わり、生徒さん同士で実習を行い、結果が変わることも見せていただきました。
この音を扱うということは、セラピスト自身の浄化のあり方、何と繋がって、どんな意図で癒しを提供するか、クライアントさんとの共同創造の結果を100%引き受ける覚悟であると受け取りました。


いつでも問われているのはセラピスト自身の浄化と成長と意図であること、癒しを提供するとは、自分自身の浄化の度合いを宇宙からを審査されるに等しいことを再確認しました。


今後は周囲の人を、自分といずれひとつに繋がる存在として、自分を愛するように愛し、一瞬一瞬宇宙の愛を信頼して歩けるように存在したいと思っています。


史衣さん、卒業生の方々、そして私をいつも見守ってくれる存在のサポートで3ヶ月のスクールを終了することができました。


不安でいっぱいだった私と共に歩み、見守り、励ましてくださったみなさんの姿は、セラピストとしての私の目標のひとつのかたちです。本当にありがとうございました。



2009/02/19 インナーチャイルドセラピーの感想です☆
こんにちは☆
先日はインナーチャイルドセラピーをありがとうございます。


あれから心持ちがかなり変わりました。


ずっと逃げ場のない心理状況のまま生きてきたんだなぁと、そりゃ疲れるよなと改めて思いました。


今はインナーチャイルドちゃんにかなり救われています。


慰められたりします、よく(笑) 独りでぐるぐるしそうになると“独りじゃないよ”と叱られます。
そっちは違うよ、と。


大人な私はよく自分の感情がわからなくなります。


それが苦しいのか、であったり、本当に楽しいのか、であったり。マヒしていてわからなくなるらしいのです。


だから限界まで来ちゃってたんですね(苦笑)


インナーチャイルドちゃんを感じることで物差しが出来た感じです。


我慢が得意すぎてどこまでなら大丈夫な我慢なのかという物差し。


癒しはスペースなんだなぁと気づきました。


自分のセーフティスペースを確保する、その手助けが癒しであったりするのだなと思います。


手助けを今回ふみさんがしてくれて本当に有り難かったです☆




2008/12/16 いただいたお便りです☆
いつもHP拝見してます。


最近ずっとダイアリーなど読ませて頂いて、うなづく事が多いです。もうこういうセラピストさん達のHPはあまり見なくなってかなり削除しましたが、flareさんのサイトだけは絶対残っています。


必然的に残る感じです。いつも自分の心にひびいているから残っているんですね。


どうぞよろしくお願い致します。


《追記でいただいたメールです》
こんばんは。ガイダンスのメールをありがとうございます。
そしてコメントの件ですが、どうぞ使ってください。


あのコメントは本当ですよ。


一時期こういうスピリチュアル系のサイトを避けるようになって、全部消したのですが、二つ三つ、どうしても消せないサイトさんがありました。flareさんはその中の一つです。


ずーっとお気に入りの中に入ってますよ☆


ちなみにまだ今回のセッションを受けていませんが、何かちょっと事前浄化モードらしきものがありました。
セッション後にまとめてメールしますね。


2008/12/16 いただいたお便りです☆
ふみさん(なんかまた初心に戻って呼びかけている感じです(照))


こんばんは。エネルギーワーク再始動おめでとうございます。


ラヴ&アバンダンス、受けたいわ!と思いまして早速メールしました。fearlessかな、と自分では思っています。


今月に入ってから過去の鬱のパターンが蘇ってきていて2年前くらいまでの物凄い不安定さがいきなりきたので、これはどうしよう‥みたいになっていました。


冥王星の移動も大きいのでしょうか。 最近 安定にガタがきていました。 この師走の一ヶ月はちょっとしんどいのかも‥そんな思いもあって申し込みを決めました。


正直快適さ、とLove&Joy、とも迷っているのでこちらの方がいいのでは‥というのがあれば教えて下さい。


最近のふみさんの“流星群にでも降られたかのような進捗ぶり”には毎度ダイアリー読みつつ唸ってます(笑) スピード!すごいですね☆


それではどうぞよろしくお願いします。
2008/12/16 いただいたお便りです☆
史衣さん♪


こんにちは〜
「ヴィーナスの誕生」食い入るように(笑)読ませていただいてます!
すごく好きです。 私に必要なメッセージとエネルギーです!!本当にありがとうございます。


いろいろと大変な日々なのですね。生きることに真剣な史衣さんをみていて、あたしももっと自分の内面をしっかり感じようって思うことができます。


ブログにあったように、あたしもチャネルやリーディングをうけるなら、絶対に史衣さんです〜☆


魂の神話を信じて…と、いうのに感動しました!
最近『自分の人生を信じる』っていうのをすごく実感していたところで、魂の神話の話しを読み、あーやっぱりいいんだ!って確認できました。


そして、いかに今まで自分が外側にしか目を向けていなかったかがわかったんです。
まだ、外側にいくときもありますが、自分の内側をみつめ、問いかけ、繋がる事がわかりはじめています。


最近、アイリーン・キャディの『心の扉をひらく』を朝読むのが楽しみになってます。
これをまた読んで、史衣さんに教えていただいたたくさんのこと、フィンドホーンにいったことが心に染み渡ってきました。


『ホ・オポノポノ』との出会いも大きなきっかけでした。
今は穏やかに日々生きることの大切さを感じています。
インナーちゃんともたくさん話します!
たくさんの事を教えてくれます。


自分が思い描いていた『自由さ』とか『しあわせ』とか、全然ちがかった〜(笑)
すごくカタチにこだわってましたね。
これが自由。
こうなったらシアワセ。みたいに。


今は自分の自由もしあわせも、あたしのハートにあります。


いつもいつも自分をみつめて、自分の神話を生きていきたい!


また、会える日を楽しみにしてます。

Copyright (C) 2017 paperboy&co. All Rights Reserved.